治療方法は様々

わきがの治療や予防は何も手術だけではありません。何もわきがに対しては、手術だけが治療方法というわけではありません。他にも治療方法というのがあります。

 

それは色々とありますが一つ一つ紹介していきます。

大まかに分類すると、ストレス発散であったり、食事療法であったり、香水をつけて防ぐ案です。一番いいのはストレス発散だとか・・・。検証しましょう

 

まずはストレス発散がとても重要になってきます。

精神的ストレスは体にも悪影響になり、汗が多量に発生します。そうなると、においの元になるものも発生しやすくなることも。

 

次は食事療法です。

基本的に揚げ物であったり、唐辛子等の辛いもの、そして、チーズやバターといったものはわきがの原因になる成分を刺激してしまう事にもなるのです。その反面、においというのは抑制することもできます。まずは野菜や魚を多量に摂取しましょう。

ビタミンを取り入れることで、においを軽減できるはずです。次は制汗剤ですね。

デオドラントとも言われるこの製品は、色々な種類が出ています。

 

次は香水です。

外国ではポピュラーなのですが、わきがの症状が軽いのであれば香水等でもにおいを隠すことが可能です。

ただ、気をつけなければいけないのが、香水をつけることにより、わきがのにおいとまざってさらに強い香りが発生してしまう事です。

他にもネット上には沢山のワキガ対策の情報があるので調べてみて下さい。

参考:わきがについて

 

ワキガの芸能人

芸能人などは上手くワキガに対処しているので参考になる部分が多くあります。誰でも人ですから、芸能人だってワキガの可能性があります。

よく名前にもでてくるのはキムタクこと木村拓哉。女性だと倖田 來未が出てくるのではないでしょうか。他にも反町隆史もワキガではないか?とよく言われる芸能人の中に名を連ねています。しかし、これらの噂にはまったく信憑性がありません。

 

ワキガは精神的な物にも大きく関わってきます。汗の出る量の他にも悩み事があったり、精神的に塞ぎ込んでいると匂いが強くなると言われています。

彼らは自分に対し、自信があるからこそワキガのデメリットさを物ともせずに人と接しているのではないでしょうか。日本人の10%がワキガと言われていますが、他の世界ではどうなっているのでしょうか。

 

アメリカになると、人種も様々ですが、7割位の人がワキガなのです。

極めて日本では、ワキガの割合が低い為、ワキガの人はどうしてもマイナスの考え方をされてしまいがちですが、ただ単に免疫がないのだと思います。

精神的な物が関係している部分も非常に重要ですので、苛めたり他の言葉でののしったりするのはやめましょう。

こればかりは誰にも非難できるものではありません。もって生まれた物なのですから。

逆に、この匂いが好きだという人もいます。なつかしいという意見もありますので、いっそのこと外国を少し旅してみるのもいいかもしれませんね。