花粉症の注射での治療はいろいろ注意が必要です。

良識ある医師(アレルギー科、耳鼻咽喉科)たちは注射治療を行わない、とも言われています。

 

花粉症が注射を「一発で治る」「魔法の薬」「新薬」とかいって実施するところがありますが、たしかに一時的に効果はありますが、副作用も結構あるようなので慎重にいたほうがいいようです。

もちろん基本的には、かかりつけのお医者さんの指示に従うしかないわですが・・ネットをみても注射の効果を売りにしている医者がけっこういるのも事実です。

 

注射一本で花粉症は治らない。

花粉症の治療に方法に、注射一本だけで治す治療はない。が正解らしいです。また耳鼻咽喉科学会では、ステロイド筋肉注射による花粉症治療は薦めておりません。という記事もみました。

とくにステロイド注射が問題らしいです。但しステロイドの飲み薬や目薬は安全で効果的ということです。

ステロイドが全て悪いといっているわけではなく、使い方に注意、とくに花粉症に対する治療としての注射のことをいっているだけです。

注射がいけない理由は

 

  • 異物を排出する活動を抑制してしますため、花粉だけでなく細菌やウイルスまで体内に入れてします。
  • ホルモンのバランスが崩れる。

 

などがあります。主な副作用として

  • 感染症の悪化
  • 副腎皮質機能不全
  • 糖尿病の誘発、悪化
  • 血糖上昇
  • 消化管潰瘍
  • 消化管出血

 

などがあります。(これはほんの一部です)

 

最近は注射よりは「減感作療法」「レーザー治療」などもあります。これらは注射をしない治療方法も開発されたということで、最近人気がでています。

やはりそれぞれいい点、悪い点がありますので、それぞれの特徴をよく理解して、またお医者さんに説明を受けて自分にあった治療方法を決めたほうがいいでしょう。

花粉症の治療に対してステロイド注射を使用することには賛否両論があります。

1回きりの注射の場合なら、使用が禁止されている方を以外は、副作用の危険性もそう大きくはありません。

 

しかし、将来的に2回、3回と増えていく可能性がないという保証はありません。患者さんも、注射をお医者さんに頼むときは、自己責任くらいに考えたほうがいいかもしれません。

花粉症の体験談や花粉症治療での注射の使用に関しては、ネットでたくさん情報がひろえますので注射を依頼する前に、一度調べてみることをお奨めいたします。