クレンジング剤を選択する際は、洗浄力が高ければ高いほど良いと思いがちですが、それのみで選択するのは危険です。

その理由は、クレンジング剤も化粧品同様に肌との相性があるのです。高いスキンケアグッズを所持していていも、肌に合わないクレンジング剤を使っていていると、肌トラブルの原因を作ってしまうことになりかねません。

あなたが今使っているクレンジング剤は、あなたの肌に適していると思いますか?

 

自身に適したクレンジングを選ぶには

クレンジングを選ぶ際、「メイクがしっかりと落とせて、洗い上がりに肌がつっぱらないクレンジングが最も良い」と思っている方は少なくは無いはずです。

 

しかし、洗浄力が高いクレンジングは、その分肌に大きな負担を与えていると思うと、敏感肌の方などにはあまりお勧めできません。中でも、ニキビがある方は、高い洗浄力のクレンジングとはお肌との相性が良くないと思ってください。

それでは、メイクオフは洗浄力が低いクレンジングを使うのがいいのかと言われたら、そうではありません。

 

毛穴にメイクが残ってしまうと、その後に化粧水や乳液などの美容成分が肌の奥まで入ってきませんし、毛穴に残った汚れによって肌に炎症を起こしかねません。

なので、敏感肌の方は、オイルタイプのような高い洗浄力のものではなく、クリームタイプやミルクタイプなどの肌にソフトな洗浄力のクレンジングを使うようにしましょう。

 

また、アイメイクなどでウォータープルーフの化粧品を使った場合は、それ専用のリムーバーなどを使用し、お肌へのダメージを極力減らす事が重要です。

敏感肌の方の他にも、乾燥肌やオイリー肌、混合肌と種類がありますが、根本的なところは皆同様です。お肌にダメージが少なく、しっかりとメイクが落とせる事が、美肌へと繋がります。

 

まとめ クレンジング剤を選ぶときに注意すること

  1. クレンジング剤は高い洗浄力のものが良いとは限らない
  2. 敏感肌の方が高い洗浄力のクレンジングを使う事はお勧めできない
  3. お肌へのダメージを極力減らすために、顔全体がケア出来るクレンジングは刺激が少ないものを選び、濃いメイクなどの箇所は専用のリムーバーを利用してメイクオフをするのがお勧め